ページトップ

低周波治療器の比較分類・おすすめ器の選び方

広告

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Check

各種低周波治療器の機能比較表

このサイトでおすすめする低周波治療器の機能を一覧にするとこのような形です。

低周波治療器の機能比較
品名広範囲治療パッド枚数神経痛温熱治療
*簡易評価です。同じ○であっても機能差があります。
HV-F52004枚
HV-F50004枚×
EW6021P4枚×
HV-F12002枚×
HV-F310×2枚
HV-F128×2枚×

同じ評価でも機能には差がある場合があります。例えば温熱治療では、HV-F5200とHV-F310が○となっていますが、HV-F5200の方が温熱治療の範囲はずっと広いです。

詳しく以下で解説しますので、それぞれの詳細説明を参考にしてください。

整骨院の治療を家庭に。温熱+4パッドの究極の電気治療器 HV-F5200

オムロン HV-F5200
オムロン HV-F5200
の詳細

価格:2万1000円程度

整骨院、接骨院、整形外科で使われる低周波治療器(電気治療器)と家庭用の最大の違いは電極の数。

家庭用は通常2枚のパッドが使われます。治療院では症状によって4枚の電極を使い治療範囲を広げたり、複数個所の治療を行います。

また治療院では電気治療に加えて患部を温める温熱療法も行われます。

そんな治療院の広範囲の治療+温熱治療を家庭用治療器で実現したのがオムロンのHV-F5200です。

最高の一台なので、予算があればみんなにお勧めするものですが、
整形外科や整骨院に通うのが大変」そんな人に特におすすめです。

治療に通うより安上がりで、通う手間も無いですからね。

オムロン 電気治療器 HV-F5200の詳細

絶対に損はしない!治療範囲の広い低周波治療器

「上記の”電気治療器 HV-F5200”ほど本格的でなくていいけど、広範囲の治療がしたい!」
そんな方におすすめの低周波治療器を紹介します。

治療範囲が広いというのはとても大事なことです。

普通サイズの低周波治療器を使っていると、

  • もっと上も揉んでほしい
  • 揉んでほしい部分からすこしずれている
  • 痛みの範囲をカバーしきれていない

なんて感じることが結構あります。マッサージしてもらってるとき、「もっと上も・・」って思いますよね?
同じです。^^

また短時間で治療を終えるのにも広範囲タイプがおすすめです。
低周波治療は1回15分程度。場所をずらして2回行うと30分かかります。
広範囲タイプなら1回で終わり。

予算に余裕があるならぜひ、これら広範囲治療ができるタイプを選びましょう。絶対に損はしません。

4枚パッドで本格的、だけど中途半端 HV-F5000

オムロン HV-F5000
オムロン HV-F5000
の詳細

価格:1万4000円程度

これは上記のHV-F5200から温熱治療を省いたタイプです。

非常に高機能です。ただ、ちょっと中途半端。

ここまでお金を出すならもう少しがんばって"電気治療器 HV-F5200"を選んだほうがいいと思いますし、それが高すぎるならこの下で紹介するパナソニックの"電気治療器 EW6021P"を選んだほうが安くついて良いでしょう。

オムロン 電気治療器 HV-F5000の詳細

4枚パッド+マルチパルスで治療範囲最大! EW6021P

パナソニック 電気治療器 EW6021P-S
パナソニック EW6021P
の詳細

価格:1万2000円程度

4枚パッドでありながら1万5000円を切る抜群のコストパフォーマンスを見せるのがこのパナソニックの”電気治療器 EW6021P”です。

パナソニックもオムロン同様の大型パッド。そのパッドが4枚なので治療範囲は非常に広いです。

4枚パッドなので範囲の広さは下で紹介するオムロンの”3Dエレパルス HV-F1200”を超えます。

また4枚のパッドの電流をコントロールする4極マルチパルス機能を搭載。これがすごい。

普通はパッド同士で電気を流す相手が決まっています。A、B、C、Dのパッドがあっても、A-B、C-D間でやり取りするものです。
なのでA-B間とC-D間の直線状に治療が行われます。

それがこの4極マルチパルスではAがB、C、D全てとやり取りできるので、A-B、A-C、A-D間全てで治療が行われます。
もちろん、B-C、B-Dなど全てのパッド間で同様です。

これにより、縦・横・斜め全ての方向で治療効果が発揮でき、4枚パッドで囲まれた筋肉全体を治療できます。(文字だけではわかりづらいですよね^^;詳細のページで詳しく解説します)

最大級の治療範囲の広さを誇る低周波治療器です。
範囲の広さで選ぶならお勧めNo.1!

パナソニック 電気治療器 EW6021Pの詳細

超大型パッドで立体的にもんでくれる HV-F1200

オムロン、パナソニックの最近の低周波治療器はどれも大型パッドが使われており、旧来より治療範囲は広くなっています。しかしこの”3Dエレパルス HV-F1200”はさらに大きい。大型パッドのさらに1.2倍の最大級パッドを使用しています。

最大級パッドではありますが、2枚なので治療範囲をは上記パナソニックのEW6021Pには劣ります。
ただし、パッドは大きいだけではなく、そのパッド1枚に電極が3つも入っているのが特徴です。

この3つの電極、独立した電流コントロールができるので非常に複雑な動きが可能になり、立体的に揉んでくれる感覚が体感できます。まさに3D。

この3D手もみ治療はパナソニックのEW6021Pはもちろん、オムロンの最上位機種であるHV-F5200でもできないことです。

また、3つの電極のうち一つに電流を集中するピンポイント治療もこのHV-F1200にしかない機能です。

単純に低周波治療器としてみた場合は治療範囲がより広いEW6021Pの方がおすすめですが、

  • 今までの低周波治療器のマッサージや刺激では満足できなかった
  • もっと安く、1万円程度に抑えたい

そんな人におすすめの1台です。

オムロン 3Dエレパルス プロ HV-F1200の詳細

小型ながら温熱治療ができる低周波治療器 HV-F310

HV-5200は温熱治療もできるのが魅力でしたが、かなり本格仕様なので価格がちょっと高いですし、本体サイズも結構あります。

たいしてこの”ホットエレパルス HV-F310”は簡単に持ち運びできるサイズでありながら温熱治療ができる優れもの。
しかも価格は1万円を切ります^^/

ただし、治療範囲は通常どおりで、普通サイズのパッドが2枚です。

治療範囲が広いタイプと温熱治療、どちらを選ぶべきか?
通常は治療範囲が広いタイプを選んだほうが無難です。

また、温熱治療だからといって関節痛におすすめかといえば、必ずしもそうはいえません(神経痛関係の治療機能はいまいち)。

お手軽価格で温熱治療が欲しいの場合にこちらを選びましょう。

オムロン ホットエレパルス プロ HV-F310の詳細

低価格ながら本格的な1200Hz治療ができる低周波治療器 HV-F128

オムロン 低周波治療器 エレパルス HV-F128
エレパルス HV-F128

価格:3,500円程度

  • 上で紹介されたものほど本格的なものはいらない、
  • もっと価格の安いものがほしい、

そんな人におすすめなのがこの”エレパルス HV-F128”です。

4000円程度で購入できる低価格機ながら、

  • 速度・強度の調節、
  • 揉む・叩くの選択、
  • 痛みに効果的といわれる1200Hz低周波の選択

といった本格的機能がぎっしり搭載されています。

オムロン エレパルス HV-F128の詳細

安すぎる治療器はやめておこう

2000円程度の非常に安いものがありますが、やめたほうがいいです。

低周波治療器を効果的に使おうとした場合、

  • 強弱の調整
  • モード変更(叩く・もむ・痛み緩和など)

両方が最低限必要ですが、廉価品ではどちらかしかできないものが多いです。

安物買いの銭失いになりかねないので、安すぎるものは避けておきましょう。

現在地
家庭で低周波治療:ホーム >
低周波治療器の比較分類・おすすめ器の選び方